お金を借りる方法@ネットで家族にバレずに借入できるのはコレ!

オリックスVIPローンカードは取引明細がWeb上で閲覧できます。
実は、今までの消費者金融では取引明細書は自宅へ郵送されるのが基本でした。
しかし、取引明細書が郵送されるということにはデメリットがいっぱいなんです。

 

【取引明細書のデメリット】
1.自宅に郵送される
自宅に取引明細書が郵送されると、家族に見つかるリスクが何倍にも膨れます。
カードローンの利用を自分から家族に打ち明けたいという人はほとんどいません。
家族には秘密にしておきたいと思うのが人情でしょう。
こうした場合、自宅に郵送される取引明細書は恐怖の塊です。
いつ届くのかと毎月ビクビクして過ごさなくてはいけません。
Web上での確認なら自宅に明細書は届きませんので家族にばれる心配もありません。
大切な個人情報を守ることができるのです。

 

2.紛失の恐れがある
取引明細書を毎月きちんと保管し、管理できる人がどのくらいいるでしょうか?
もし、何らかのトラブルがあり残金が知りたいとき、金利を調べたいときなどに取引明細書自体が紛失して見当たらないという場合があります。
万が一債務整理を行うときなどにも、取引明細書がなければ借金の存在や履歴を明らかにすることができなくなってしまいます。
Web上で取引明細が確認できれば、紛失の心配は一切ありません。
必要なときに、いつでもダウロードできるので安心です。

 

3.出先で確認できない
常に取引明細書を持ち歩く、と言う人はまずいません。
出先で急に手持ち金額に余裕がなくなり、残りの限度枠が幾らだったか調べたい!
そんなときに自宅に帰らなくては確認ができないというのは大変不便です。
Web上にデータが保管されているオリックスVIPローンカードは、携帯端末やPCなどインターネット通信環境がある場所ならどこからでも閲覧が可能です。
自宅以外の場所に外出中でも、残金の確認や金利など調べたいことをいつでも調べることができます。

 

このように「お取引明細」がWeb上で閲覧できるというのはメリットが大きいということがよく分かったと思います。
この他にもオリックスVIPローンカードでは各種手続きがネット上で簡単に行なえます。
たとえば、ネットバンキングから365日24時間返済ができたり、増額返済の申込み、返済予定表の照会、一括返済シミュレーションなどです。
もちろん住所変更や勤務先変更など届出内容に変更があった場合にも、ネット上から手続きができます。
店舗に足を運んだり、オペレーターに電話対応してもらうことなく、誰にも気兼ねせずにお金を借りて、返済することができる、オリックスVIPローンカードはまさに理想的なカードローンといえるでしょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る